読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容×看護師LIFE

独身20代看護師が色々お話しするよ

大晦日も元旦も関係ない!病棟ナースのお正月の過ごし方。

皆様あけましておめでとうございます♡
去年はお世話になりました、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

おせち料理や、お正月番組、世間はもう年も明けて賑やかな雰囲気が漂っています。

そんな中看護師というお仕事をしていると曜日感覚もなくなり、世間が祝日だということも忘れてしまいます。

大晦日も元旦も関係ないです!

大晦日や元旦に休めるかどうかは、シフトを決める先輩方の手に委ねられているのです…。

年末年始くらい少しはゆっくりしたい!という気持ちもありますが、病棟ナースという職業柄仕方がありません。

年末年始は休み希望が入れにくい!

新人時代は休み希望をなかなか入れにくいです。

ベテランの先輩達が大晦日や元旦に休み希望をいれているのをみると、新人はなかなか入れ辛くなります。
本当は休みたいけど…と気を遣う新人看護師は多いです。

そして希望を入れずにシフト表は回収されます。

大晦日や元旦が休めるかどうかは運次第です!

そんな看護師の大晦日、元旦あるあるを挙げていきます。だいたいこんな感じの年越しになることが多いですよ。看護学生のみなさんや新人看護師のみなさんの参考になれば幸いです。

年越し夜勤

例えば二交代制のシフトだと、31日の夕方から夜勤入り1日が夜勤明け。
夜勤中に、あれっもう新年だ!となることも多いです。ちょっぴり切ないんですけどね、年越し夜勤。

だけど患者様のため!
夜勤が明けたら新年っぽいことをしましょう。
休憩中に深夜番組をみながら年越しそばを食べて新年感を味わうこともでき、ある意味忘れられない思い出に。
一緒に夜勤をする先輩看護師さんや同期と一緒に励ましあいながら働いてください!

連勤続き

日勤や準夜ばかりの勤務になることもあります。
しかし夜は空いているので、カウントダウンはできます!少しはお正月気分が味わえます。

31.1日ともに日勤の場合は、次の日が仕事なので夜遅くまで起きていることはできないところが少し残念です。カウントダウンをしたらはやめに切り上げて寝ましょう。
寝不足のまま出勤するとインシデントの確率が上がります。

奇跡的に二連休

これはもう、運があると思うしかありません!
貴重な休みを大晦日と元旦にとれる幸せを噛み締めましょう。
寝正月をしたり、実家に帰ったり、恋人と過ごしたり…自分の好きなように時間が使えます!


大晦日や元旦に働くメリット

働きづめで悲しい気持ちになるときもあると思います。しかし患者さんの容態は日々変わり、誰かが看護する必要があります。

看護師は忙しさのあまりなにやってるんだろ…

とふと思うときもありますが、踏ん張りましょう!
大晦日や元旦に働くメリットだってあるんですよ!

それはズバリ、祝日手当がつくこと。


28-3日までが祝日手当がつく病院が多いのではないでしょうか。祝日手当は階級や職場にもよりますが、1.5-3万程度貰えます。

28-3日まで働いたとして、普段のお給料よりも5-10万は多くなります。

そんなこんなで、年末年始に働きたい!という看護師も意外と多いんですよ。そう思うと、大晦日や元旦の業務も頑張れます。


ちなみに…お正月休みはないところが多いです。

お正月に働いたからといって長期で代わりの休みがもらえるわけではないです。少し寂しいですね。

年末年始の連休はもらえないかもしれませんが、お仕事の合間を見て初詣に行ったり、少しの時間でも新年らしいことをしてお正月を過ごせるように行動することも大切です◎