読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容×看護師LIFE

独身20代看護師が色々お話しするよ

気になる物件を発見!不動産屋にいく前に契約確認しとくと楽だよという話。

2017年やることリスト
その1、港区に引っ越す


という任務を実行段階にうつりかけています。さすが女性に人気の港区、激戦区です、家賃高いです。頑張ります。やっていけるか不安ですがなんとかなると信じています。


今日はちょっと日記口調でお話ししていこうかな〜。
口調が右往左往するかもしれませんがご了承ください。

ブログでデスマス調か、ゆるい感じかどっちでいこうか絶賛迷い中なんです。
ブログって難しい…もう、悩む悩む悩む…。悩むことばかりです。。


話が逸れましたが…
先日、そんなわけで不動産屋さんに物件を観に行ったんですよ。不動産屋さんの優しいおじさまに丁寧に物件を探してもらってたんですが…

希望した物件がほぼ申し込みされているという事実!

無念すぎる!!!!!



仕事後などに不動産屋ポータルサイトで物件の目星をつける


仕事後、イソイソとネットで物件を探していたんです。

使用していたサイトは…

  • アパンショップ
  • スーモ

どちらも有名な不動産屋ポータルサイトですね。
アパンショップは敷金礼金0の物件をみつけやすく、スーモは物件数が豊富のため便利です。

そこで目をつけた物件が5つほどあったんですね。
その物件に目星をつけて、不動産屋さんに連絡をとり不動産屋さんに行くことを決めました。


いざ不動産屋さんへ!!

その日の朝もサイトで物件確認。

ヨシヨシまだサイトに出てるぞ。
はやく行ってサッサと契約してしまおう。

と軽い気持ちで不動産屋さんへ。
今回は港区界隈にあるとある不動産に行ってきました。



不動産屋に行く前に伝えたこと

  • 住みたい地域
  • おおよその家賃
  • 物件の希望(駅から徒歩時間、オートロック、バストイレ別、独立洗面台…などなど)
  • 職業
  • 引っ越し理由

このあたりをあらかじめ伝えていたので、不動産屋さんでもスムーズに話が進みました。
そこでいくつか希望に沿った物件を紹介してもらいました。

希望の物件が…ない…

私があらかじめ不動産ポータルサイトで目星をつけていた5つの物件を提示。

すぐに調べてくれました。
ネットにはでているんですが、どうやら空き状況がないようで掲載している会社に連絡をしてくれました。

「うぅーん、もう申し込み済みになってますね…」

と一言。

えぇ…ネットにでてたやんっ。悲しい。

5つの物件のうち4つは申し込み済み物件でした。

激戦区かつ、1月ということもあってか申し込みの競争率が激しい状態であったとのことでした。
残念でしたが、なんとか残りの1つの物件を滑り込みで確保。お隣に来ていたお客様も同じ物件をみていたので、あぶなかった…。人気のところはすぐに埋まります。

ネットに出ているのに申し込み済み!?


はい、これよくあることですよね。

気に入った物件をみつけたらすぐにでも連絡して空き状況を確認しなさい!!とよく耳にしていました。


いいなあと思った物件が、5つもあったしいちいち連絡するのがめんどくさくて先延ばしにしていたんですね。

不動産屋さんで確認すればいいやあって思っていました、甘かったです。

そもそもネットに出ているのにどうして?

申し込みが決まり、空きがないのならネットに出さなければいいのに。と思いました。

しかしここで不動産屋さんの営業戦略にビックリします。

申し込みが決まって空きがない時点ですぐにネット表示を終了させる作業を行うことが普通だそうです。
どうしてネット上に契約済物件がでちゃうんだろ?と思い、聞いてみました。


申込済物件がネット上に出ている理由

  • 膨大な物件数で申し込み状況が確認できずそのまま放置になってしまっている
  • あえていい物件を表示させることで不動産屋さんに足を運ぶように促す


2つめよ!!凄い!すごくないですか??

私はこの話を聞いた時に感動しました。確かに気になる物件があれば足を運びたくなりますよね。
消費者に動機を与えてくれているわけです。しかし物件は申し込み済みなので、希望の物件は諦めなければいけません。
そこで、新しく似たような物件をいくつか紹介したら契約につながる確率は上がりますよね。


そもそも気に入った物件がなければ、不動産屋さんに足を運ばない可能性だってあります。

動機を与えて、新たな物件を紹介する。


よく考えたら当たり前ですけど、私は感動しました。
これぞ経営戦略!素晴らしい!と勝手に感動したわけです。

不動産屋に行く前に確認しておくといいこと

目当ての物件がないなら不動産屋さんに行かなくてもいいよなあ、と感じる人は事前に物件の確認をしてから行くといいです。
そうすると、不動産屋さんに行った時にスムーズですし、いろんな物件を予め用意してくれました。今回私がお世話になったところは、すごく親切な不動産屋さんだったと思います。


事前に確認すべきこと

  • 気に入った物件の空き状況
  • 大まかな希望物件の条件
  • いつ入居したいのか


物件の空き情報であればすぐに確認してくれるので、パパッと電話してしまった方が早いです。
私はめんどくさくて不動産屋さんに直行しましたが、事前に確認しておいた方が楽だなあと思いました。


プチ情報

  • 家賃が1番安い時期は6月
  • 12月頃から引っ越しが多くなる
  • 家賃交渉は大家さん次第


不動産屋さんはタイミングも大事ですよね。
自分が引っ越したい時に出ている物件の中から家を決めなければいけないし…
こればかりはご縁かなあと思います。


今回は私の住みたい最寄駅の物件は高すぎて断念しました。安くて良い物件は本当にすぐに契約が決まってしまいます。

一番希望していたエリアでは無いですが、それなりに満足できる家を決めることができて良かったです。

4月からの新生活が楽しみです!

やっとこさ!!港区民!!!
(ミーハー…)

今回は、日記のような、何が言いたいかわからない記事にお付き合いくださってありがとうございました!