読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容×看護師LIFE

独身20代看護師が色々お話しするよ

友人の結婚式or二次会で出会いがあるのか積極的に検証してみた

周りの友人たちが続々と結婚しております。


25歳半ばついに第一次結婚ラッシュ到来でしょうか。

久々に友人から連絡がきたと思ったら、『入籍しました♡』という報告が多くなりつつあり日々焦りを感じております。(羨ましい)


大切な友人の晴れ舞台、一生に一度の結婚式。(人によっては何回か経験するかもしれない)
大いにおめでたい気持ちでいっぱいなります。


しかし


結婚式or二次会に招待されたとき、私たち独身女性は少なからず、

「ちょ、ちょっとくらい淡い期待を抱いてもいいよねッ。」

と思う人も多いはず。私だって思います。人間だもの。


結婚式or二次会で出会いはあるのか!?


そこで今回は結婚式や二次会は、出会いの場として適切なのかという視点から検証してみたいと思います。
まずは結婚式に招待されたときに焦点をあててみましょう。

新郎側の友人として招待された場合

新郎側で招待された結婚式。
近くの席はまあ知らない男性ばかり。これはチャンスです。
式の最中にも何度か席を離れる場面があったので、女友達とウロウロ。
しかし誰からも声はかけられない。(私は声をかけられるのを待つタイプです)


そして終盤にかかり、新婦の手紙を読む場面で号泣。
良い式でございました…


新婦側の友人として招待された場合

新婦側で招待された結婚式。新郎側には男性集団はいますがなかなか近付く場面がありません。

そしてなにより、友人のドレス姿が美しく、出会いどころの話ではない。シャッターチャンスは逃せません。


そして気付いたら式が終わっていました。



式中は交流がないため出会うことは難しい

ううーーーん、式中は無理ですね。

まず、男性と交流する時間すらありません。少し挨拶する程度で時間がないです。

しかし結婚式で出会う確率を上げることも可能だということに気づきました。


それは異性の友人を味方につけること。



これです。同じ式に出席している男友達に事前にポソッと
「ねえねえ誰か良さそうな人がいたら教えて欲しい〜お友達になりたい〜!」
という魔法の言葉を使いましょう。さり気なく好みのタイプも伝えると尚良しです。
男友達って結構信頼できるので、意外とそういうポソッと呟いたことを忘れずに後日紹介してくれたりします。


持つべきものは友人です。
(ただし仲の良い男友達じゃないとダメ!)


出会える度 :★★☆☆☆ 40%




結婚式の二次会の場合

結婚式の二次会は、少しカジュアルにもなり、大人数でやることが多いです。
立食パーティー形式のところが多いかなという印象。

二次会にもよりますが、ビンゴやゲームをするときにグループを予め振り分けてくれている場合があります。これはかなり出会えるチャンスです。
ビンゴなどを通して仲良くなり、後日に繋がりやすいです。

二次会は総じて自由に動けるので、女友達と固まってウロウロしているときに知らない男の人のグループに声をかけられることがあります。
1人だと男性の方からも声をかけ辛いと思いますので、女友達と一緒にいるのが無難かなあ、と。

(こちらから声をかけられず基本待つスタンスです。脆弱。)



二次会で出会える可能性は自分次第!


二次会は高確率で出会えます
積極的に行動しましょう。または積極的な友達にヒョコヒョコついて歩くのも効果的です。

楽しくワイワイしながらいつのまにか仲良くなっていたということが多いです。

ぜひ二次会で知らない異性の友人を作ってみてください。



出会える度:★★★★☆ 80%




結婚式や二次会で積極的に活動しよう


友人が招待してくれた結婚式や二次会。

「もちこにいい出会いがあるように旦那に言っといたから頑張って。」
と新婦新郎共に何度背中を押されたかわかりません。

(しかし出会えてないですごめんなさい。笑)


普段出会えないような人たちと出会えるチャンスでもあるので、特に二次会では積極的に行動しましょう。

結婚式で積極的になるのはブーケトスくらいでいいですもはや。必死に花(と幸せ)を掴みに行きましょう。


番外編(?

出会えてない

と先ほど言いましたが、一応出会えてはいるんですよ。
結婚式や二次会で出会った男性と連絡先を交換し、その後何度か食事に行ったりはしたのですが…



いかんせん恋愛に発展しない



これはもうどうしたら良いのかわからない状態ですね。なかなか人を好きになれないのかなんなのか。
出会ったとしても恋愛に発展できなかったら意味ないよなあ…


と将来に不安を覚えるもちこでした。
とにかく結婚式や二次会で男性と出会えるということは体感したのでみなさんもぜひレッツ婚活してください。